オーダースーツは市販のスーツと何が違うの?二つを比較

ロゴ

大人の男性のファッション

最近ではお兄系と呼ばれる落ち着いたファッションが流行っています。他にもレザーを基調としたバイクグローブを身に付けている方を見かけます。男性が一番着る機会の多い服といえば、すぐ思い浮かぶものがスーツです。スーツは仕事中にずっと着るものなので、しっかりとこだわったものを選びましょう。

オーダースーツを注文する時に注意するポイントを紹介

服

オーダースーツって何?

オーダーという名前の通り、自分に合わせたスーツを作ることが可能です。生地はもちろんのこと、ボタンを変えることも出来れば糸を選ぶことも出来ます。選べるものは、オーダースーツの専門店によって違います。なので制作を依頼する前に自分好みの素材が揃っているか確認するようにしましょう。

落ち着いた大人の男性に人気

オーダースーツは少し高いうえに、制作に時間がかかるため、40代の男性に人気です。ビジネスマンとして、体に合っていないスーツを着ているのはとても恥ずかしいです。市販のスーツに体が合わないと感じたらオーダースーツの作成をおすすめします。

プレゼントにも選ばれる

オーダースーツはとても実用的で長持ちするという特徴があります。プレゼントとしても人気なので、旦那さんや彼氏と一緒にオーダースーツの専門店へ行き、制作を依頼する方が増えています。東京にはたくさんのオーダースーツ屋があるので、他の人とは被らないプレゼントをすることが出来ます。

オーダースーツと市販スーツの比較

市販スーツ

市販のスーツにもサイズはありますが、平均的な体型を基準に作られています。人によって体の特徴が違うので、ピッタリサイズの市販スーツを探すのは難しいでしょう。また、デザインをメーカーが決めているので、他の人と被ることも考えられます。しかし、一度に大量生産できるので、オーダースーツに比べると手頃な価格で購入できる傾向にあります。

オーダースーツ

オーダースーツは自分の体を採寸して作られるので、ピッタリサイズのスーツを作れます。また、デザインも自分で選ぶことが出来るので、他の人と被るということは滅多にないでしょう。市販スーツに比べると手間が掛かっている分高いですが、裁縫などがしっかりしていて長持ちするので長い目で見るとあまり変わらないでしょう。

オーダースーツを注文する前に知っておきたいポイント

1.値段の決まり方

オーダースーツは、機械で作るのか、職人が作るのかというところに注目してみましょう。また、スーツの本場イタリア産の生地を使用するのか、国産の生地を使用するのかという点でも大きく値段が変わります。国産生地を使用して機械で作るとなると、3万円からとなっています。ですが、イタリア生地を使用して職人が作るとなると、12万円以上と値段が上がります。

2.好きなデザインに出来る

自分の思い通りのデザインに出来るのはオーダースーツの一番の魅力と言えます。生地だけではなくボタンや裏地などさまざまなものを自分で決めることが可能です。他の人と被らないオンリーワンのスーツが作れます。

3.制作にかかる期間

オーダースーツは市販のスーツと違い注文を受けてから作ります。なので、出来上がるまでに少し時間が掛かります。最短でも2週間~となっています。ですが、これだけ早いのは稀であり、通常は4週間程掛かるのでしょう。仮縫いを行う場合は、6週間程掛かります。期間には余裕をもって作りましょう。

4.返品や返金が出来ない

オーダースーツは基本的に注文した方に合わせて作っているので、完成したものを返品することが出来ません。他の人に売るのがとても難しいためです。作ってみてイメージと違うからという理由でお金は返ってこないので気をつけましょう。

5.サイズの調整は可能

デザインに関してはどうしようもないですが、サイズに関しては多少の融通が利きます。ですが、お店によってサイズ調整を断っているところもあります。ちょっとした部分に手を入れるだけでイメージがガラッと変わります。

[PR]バイクグローブはレザー製がイチオシ!
手を風から守ろう

[PR]お兄系ファッションを極めよう!
カッコイイアイテムを多数公開♪